購入の特徴とメリット


職場には欠かせないコピー機ですが、多くの場合はリースが利用されています。しかし、リースではなく購入という方法もあり、リースとの違いはどこにあるのでしょう。リースの場合は、本体価格だけでなくリース会社の取り分として手数料がかかります。つまり、この手数料の分だけ、最終的にはリースの方が割高になってしまうのです。

例えば、100万円のコピー機を購入すれば、一度に多額の費用は必要となりますが、支払う額は100万円です。しかし、リースの場合はリース料金として年に数パーセントを支払わなければいけません。これが5年で数十万円になりますので、やはり購入の方が割安と言えるのです。

ただ、一度に100万円も支払えないという場合、ローンや借金という手段もあるのです。リース料金よりも金利の安い金融機関で借りることで、リースよりも安く利用できるわけです。また、リースの場合は途中での解約ができないという特徴があります。

コピー機をリースしたはいいけれど、機能が業務内容に合致していなかったり、会社の業態が変わりコピー機自体が不必要となった場合も、契約期間内であればリース料金を支払い続けなければいけません。購入であれば所有物ですので、不必要であれば売ればいいだけのことです。このように、購入はリースにない特典がありますので、自社に合った方法を選んでください。