Monthly Archives: 7月 2017

購入の特徴とメリット


職場には欠かせないコピー機ですが、多くの場合はリースが利用されています。しかし、リースではなく購入という方法もあり、リースとの違いはどこにあるのでしょう。リースの場合は、本体価格だけでなくリース会社の取り分として手数料がかかります。つまり、この手数料の分だけ、最終的にはリースの方が割高になってしまうのです。

例えば、100万円のコピー機を購入すれば、一度に多額の費用は必要となりますが、支払う額は100万円です。しかし、リースの場合はリース料金として年に数パーセントを支払わなければいけません。これが5年で数十万円になりますので、やはり購入の方が割安と言えるのです。

ただ、一度に100万円も支払えないという場合、ローンや借金という手段もあるのです。リース料金よりも金利の安い金融機関で借りることで、リースよりも安く利用できるわけです。また、リースの場合は途中での解約ができないという特徴があります。

コピー機をリースしたはいいけれど、機能が業務内容に合致していなかったり、会社の業態が変わりコピー機自体が不必要となった場合も、契約期間内であればリース料金を支払い続けなければいけません。購入であれば所有物ですので、不必要であれば売ればいいだけのことです。このように、購入はリースにない特典がありますので、自社に合った方法を選んでください。

リースのメリット


職場で最も利用する機会の多いのがコピー機です。そして、購入ではなくコピー機をリースした場合のメリットとはどのようなものなのでしょう。

まずは、費用面です。購入する場合は、その購入資金が必要となります。しかし、最近のコピー機はコピーだけでなくファックスやスキャン、プリンターとしての機能を兼ね備えた複合機が主流です。そのため、一台当たりの価格も高額になりなかなか購入にまで至る会社が少ないのが現状と言えます。つまり、一度に多額の費用が必要とならず、その分を運転資金に回せるということがリースの最大のメリットとなるのです。

次に、月々のリース料は全額を費用として処理できるのも、経理上の大きなメリットです。またリースであれば、固定資産としてみなされませんので、会社の運営にも大きな恩恵を与えてくれます。また、購入すればその資金の調達や減価償却、諸税の申告などの手続きが生じますので、事務方からしてもリースは合理的で仕事の効率化に役立つわけです。

他にも、リースであれば常に最新の機器を使用できますし、保守契約を結べば、その後のメンテナンスサービスも充実し、故障の際のアフターも万全です。リースはこのように使い勝手のよいサービスといえるでしょう。

購入かリースか


ほとんどの職場では、事務機器などはリースが利用されています。このリースですが、仕組みとしては、まずは利用するお客側が希望する事務機器を、リース会社がそのお客に代わってメーカーなどから購入します。そしてその事務機器をお客に対して長期間の貸出し、つまりリース契約を結ぶということになるのです。

こういったリースは、事務機器の多くに見られますが、最も利用されているのがコピー機でしょう。ただ、このコピー機のリースもほとんどの会社は、リースのメリットやデメリットが認識されないまま、単に慣習や惰性のままで契約をしているのです。そういう意味で、もう少し認識が深まれば、リース以外の手段としてコピー機の中古品や新品の購入という選択肢も見えてくるはずです

コピー機に代表される事務機器を全て中古品や新品で揃えようとすると、莫大な費用がかかってしまいます。そこで、レンタルやリースといった方法を採ることで、そういった費用を抑えることができるのですが、それにはまず、購入とリースとの比較をする必要があります。会社は短期間だけのものではありません。中長期に渡る経費削減を見据えなければいけないのです。そのためには、購入とリースとの比較は必須となるのです。